5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の予感

 

ここ数日、エアコン無しの生活ができます。

今日の真庭市久世地区の昼間の温度は28℃
秋の到来を予感させる気温です。

先週までは残暑が厳しく、昼間は痛いくらいの日差しでした。
しかし、一昨日くらいから急に 朝晩は窓を開けて寝ると寒いくらいで
蒜山地区のお客様と話したのですが
そのお客様は鼻声で「窓を開けて寝ていたら寝冷えした…」と

同じ真庭市でも蒜山地区は久世地区よりも2~3℃くらい気温が違います。

久世地区で28℃なら蒜山地区では25℃くらい
夜は恐らく18℃くらいにはなるでしょうか!?
夜はもっと気温が下がり寒暖の差が激しくなるので身体はしんどい…

寒暖の差が激しくなると野菜や果物にとっては糖度があがり美味しくなることは
よく言われていますが、お酢造りにとっても良いことです。

空気の対流が激しくなるので酢酸菌の活動も活発になります。
発酵が早く進むことで夏場よりも約一ヶ月ほど早く出来ます。
(天然醸造の場合 夏場で4ヶ月程度 冬場は3ヶ月程度で出来上がります。)

温度のチェックが今まで以上に重要となるので
気を抜くことは出来ません。

5代目見習い 尚基

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/22(金) 19:09:15|
  2. 日々つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<研修会 | ホーム | ご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/84-cbb3251d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。