5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「食育」プロジェクト

先日、醤油組合の青年部研修会で小豆島に行ってきました。

初めて参加したのですが、
その研修会で「醤油の食育プロジェクト」なるものが行われていることを
知りました。

「食育」とは「(財)食生活情報サービスセンター」の定義では 
国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が
図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断
力を楽しく身に付けるための学習等の取組み

と言うことです。

例えば、
パン食の普及により、朝食がパン食の家庭が増えてきていること や

塾通いやテレビの深夜番組などで夜遅くまで起きているようになり、
朝は食事をとらなかったり、朝食の内容が不十分になったこと。

残業や塾通いなど家族のライフスタイルが変わり、
家族で食事をする機会が減少し個食や孤食が増加してきたこと。

昨今のBSEや食品の表示といった問題など、食の安全・安心が取り上げられていること

ライフスタイルが多様になり、食生活も豊かになっている中で
40%という低い食料自給率になっていること

などなど…
です。

このように、私たちの食には、様々な問題がありますが、
これらは、行政や産業側が努力するだけで解決出来ないので、
みんなで「食」について学び考え、判断する力を身につけ
「美味しく健康的な食生活を送ろう」ということです。

だれだって、材料が何を使っているかわからず食べるのは
不安ですよね。

そこで(ここから本題です)、

醤油組合でも「醤油の食育プロジェクト」と題して
「食育」の活動を行っています。

どのようなことをしているかと言うと

醤油の感想文コンクールや醤油工場見学、
小学校や中学校などで「醤油の出来るまで」を体験しながら学んでもらい理解を深め
食の大切さを啓発する「しょうゆ物知り博士の出前授業」
などを行っています。

当社はお醤油、お酢、お味噌と日本の伝統調味料を扱っていますが
私も日本食文化の継承者としてこの「食育プロジェクト」で、
皆さんに日本の伝統食文化の知識を
今まで以上に知ってもらいたいと思っています。

5代目見習い 尚基


テーマ:調味料 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/01/29(火) 18:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<勝山のお雛まつり | ホーム | 麹造り ≪盛り≫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/56-7e74053f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。