5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新発売

新発売です。

今回発売したのは
国産米だけで作った 保存料なしの 無添加「生こうじ
生こうじ

この麹は機械を使わず弊社で操業より使われている麹蓋を使い、
手作業で仕込んだ肌理の細かい麹です。

生産は洗米から出麹まで全ての工程で人の手が入り
麹の温度が上がり過ぎないように
(4代目と私、おかみさんが)夜中でも麹の手入れを行います。
IMG_0205.jpg

(4代目の作業風景です)


そのため、麹を作る日は麹が気になり寝付けないこともしばしば…
しかし、出来上がりは麹の菌糸がしっかりと芯まで入り、肌理が細かく
口に含めば甘い香りがして、噛めば麹の甘さがしっかりとした出来になっています。
107_0744.jpg

(出来上がった麹です。)
弊社では以前から、乾燥した麹は使いにくいからと
遠くは倉敷市や岡山市などから
直接、「生」の麹をお求めに来られたり、
「この米を麹にしてほしい」など、お米を持ってこられるお客様が
いらっしゃいました。

そこで今回、このような客様のご要望により
新商品として販売することになりました。

販売は弊社ショッピングモール又はお電話、FAX、周辺の道の駅、などで
お求めいただけます。

弊社ショッピングモールはこちら






≪乾燥麹と生こうじ≫
よくスーパーマーケットなどで見かける「麹」は
乾燥したタイプのものがほとんどなんですが
この麹は「生」なんです。

なぜ、乾燥麹が多いのか?
それは
賞味期限が生産から半年間と日持ちがする、常温で販売できる等の
理由があります。

しかし、乾燥したものだとお湯を入れて戻す際に入れるお湯の量で
硬かったり、ベトベトになったりと
など扱いが難しい面もあります。

一方、生こうじは
賞味期限は生産から1ヶ月と短く、生なので保存も冷蔵です。
しかし、甘酒にしたり、ゆず味噌にしたり
使う際に扱い易いメリットもあります。

テーマ:調味料 - ジャンル:グルメ

  1. 2007/11/24(土) 19:51:21|
  2. 商品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京に行ってきました | ホーム | 「ひしおみそ」の作り方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/44-b39dca03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。