5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新味噌『初掘り出し』

今年も、新味噌の「初掘り出し」の日が来ました。
新味噌ってあまり聴いたことがないでしょうが
お酒で言えば、「新酒」です。

一般的に、大手企業のように大量生産する味噌は
熟成庫を一定の温度に保ち、約3ヶ月程度で出来上がります。
しかし、昔から味噌作りとは
『寒仕込の土用越し』と言われるように
冬の寒い時期に仕込み、夏の土用を越させるといい味噌が出来ると
言われています。
当然当社も後者のほうで、約1年かけて発酵、熟成をする天然醸造です。

109_0935.jpg

(杉桶の中の味噌を全て手で掘ります。 周りの白いものはチロシンと言う旨みのかたまりです。)


その味噌が今日、熟成桶から掘り出されたのです。
つまり、『初掘り出し』な訳です。

今年も家族、社員全員で初味噌を試食。
例年に無く暑い日が続いたにもかかわらず
味はやわらかく、塩角が取れてまろやかな味わいに仕上がっていました。

掘り出された味噌は
攪拌機で空気に触れさせて、色と香りを引き出させ
擂砕機で滑らかにし、袋詰めされます。


109_0941.jpg

(攪拌中です。)

109_0942.jpg  109_0943.jpg

(比べてみれば良くわかります。)
(左が滑らかにしたもの 右が掘り出し直後)

今回『初掘り出し』された味噌は
「岡山地味噌」 「寒造り味噌」 の2種類です。
この2種類の味噌は、岡山県北の量販店様の店頭に
順次並ぶ予定ですので、もうしばらくお待ちください。

ちなみに今夜は、新米と新味噌のお味噌汁で初物尽くし♪
こんな贅沢していいのかなぁ~

5代目見習い ナオキ

テーマ:調味料 - ジャンル:グルメ

  1. 2007/10/17(水) 19:18:03|
  2. 商品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続 新味噌 | ホーム | 体験学習>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/36-1f18371d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。