5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝山文化往来館ひしおからのお知らせです。 ~日韓現代美術「紙」往来展~

久世祭りも終わり、一日中お御輿を担いでいたので
肩の痛みがなかなか治らず、でも心地よい疲労感に浸っている今日この頃ですが

勝山文化往来館ひしお から展示会の案内が来ましたのでご案内です。

今日から始まった展覧会 経歴だけを見るとすごいアーティストばかりで
必見の価値ありです。


日韓現代美術「紙」往来展

web-kami.jpg


●10月30日〜11月7日
10時〜16時30分 入場料:300円

秋の企画展(あっ晴れ!おかやま国文祭提案事業)

*展覧会初日(10月30日)14時:オープニング。フルート奏者:三尾奈緒子氏の演奏あり

●樫西和紙制作体験ワークショップ 11月6日(土)・7日(日) 参加費735円

●企画テーマ
真庭市は、昔からミツマタ栽培やそれを材料とした和紙の生産の伝統が残っている。ミツマタから作る和紙は、破れにくく変色せず、虫がつかないという特徴がある。当地域では1400年ほど前から、住民戸籍などを作成するために紙がつくられたといわれており、その伝統は樫西和紙として守り続けられている。
この真庭地域に残る伝統文化である「紙」をテーマとして、「紙」を使用した創作活動を展開している作家を県内のみならず韓国からも招き、「勝山文化往来館ひしお」を舞台として展覧会を開催する。

(1) 展覧会について
今年は岡山県を上げての国民文化祭が10月30日からの1週間、県内全域で開催されます。全国からの来訪者が予想されるこの期間、良質な和紙と評価の高い樫西和紙に代表される真庭市の紙文化に因み、日本、大韓民国で『紙』を素材に制作する美術作家4名(韓国/金聖淵氏、金正周氏、日本/長谷川勢津子氏、小田宏子氏)をお招きした展覧会を開催します。 
普段私たちが身近に使用している『紙』という素材が持つ豊かな表情を両国の作家が独自の視点で引き出します。展示空間いっぱいに往来する、二つの国の感性をどうぞ、ご体感ください。

招待予定作家
①長谷川勢津子(岡山市)
②小田宏子(倉敷市)
③金聖淵(韓国・釜山)
④金正周(韓国・釜山)

オープニングトーク
参加作家の作品説明のあと、作品展示空間でフルート奏者三尾奈緒子氏の演奏があります。フルートの音色と現代アートもまた、文化間の交流となるでしょう。

三尾奈緒子
岡山市在住。8歳よりフルートを始める。高校卒業後渡仏。2006年、パリ国立地方音楽院を首席で卒業。2007年ロッテルダム音楽院修了。2009年より拠点を日本に移し、岡山県内を中心に全国でコンサート活動を行うと同時に現代曲の演奏も精力的に取り組んでいる。

ワークショップ
小川秀雄 樫西和紙工房(真庭市樫西)代表
昭和61年12月、真庭市樫西に手漉き和紙加工場を設立、樫西和紙組合を作り、昭和62年4月より樫西和紙工房の操業を始める。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/10/30(土) 18:55:05|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<勝山文化往来館ひしおからのお知らせ その2 ~岡野屋プロジェクト~ | ホーム | 今年も久世祭りが始まります。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/260-a2d3a5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。