5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご質問のお答えと、甘酒のいろんな使い方

甘酒についてご質問をいただいたので
コメント欄でお答えしようと思ったのですが、
長くなるので、記事の欄でお答えさせていただきたいと思います。

質問は
「甘酒に砂糖は入っていないのか?」
「沸騰させずに水やお湯で割っても良いのか?」   です。
                      
今回の内容は「ストレートタイプ」ではなく
濃縮タイプなので、その内容でお答えさせていただきたいと思います。


甘酒でも無添加のものと、そうでないものがあります。
大きく分けて5つに分類できると思います。

1、原材料に砂糖とかグラニュウー糖とか書かれているもの。

2、酒粕で作ったもの(砂糖を使っている場合が多いです。)

3、無添加の甘酒でも、品質表示に書かなくても良い「酵素材」等を使っているものもあります。

4、酵素材も何も使わず、米と米麹のみで作ったもの

5、水増ししているもの。

(あくまでも、目安と思ってください。蔵の伝統技法で出来上がりがまちまちなので、
市販されている全ての甘酒がこの見分け方で分類できるとは限りません。)

見分け方ですが

1、2 は裏の品質表示を見れば直ぐにわかります。

3 は見分け方が難しいのですが、日付は新しいのに甘酒の白さがくすんで見える
  ものは使われている可能性があると思われます。
  (酵素材を使うと、お米のタンパク質が完全に糖化されてしまうため、
   着色しやすくなるからです。(これを「メイラード反応」と言います。))
  
4 は添加物や酵素材などを使わないため、色が白く、少し硬く感じられるものです。
  (例えて言うなら、ジャムのような硬さです。)

5、は1,2、3のような造り方によって甘味が強いので水増ししている場合があります。
  水っぽく感じられるものは可能性があります。

薄めて飲む場合
水またお湯で割っても大丈夫ですが、
一度沸騰させてから使う方がより美味しく飲めます。
(沸騰させる事でお米の中に含まれている甘味が抽出され、甘味が強くなるからです。
 この時、塩を一つまみ入れると、甘味がより強くなります。(これを「相乗効果」と言います。
 スイカに塩をかける事と同じです。)


濃縮のまま使う場合
原料がお米なので、そのまま食べても問題ありません。
(例えが貧相ですが、「甘いおかゆ」と思ってください。)

濃縮甘酒を使った料理の一例です。
(うちの甘酒でしか作った事がないので、うちの甘酒レシピです)

甘酒フローズンセーキ 

【材料】 
     
マルタの甘酒の素     250g  
バナナ             1本
牛乳             80cc
 氷             200g

【作り方】
1) 氷と牛乳をミキサーに入れ
細かくなるまで砕く。

2) 細かく砕いた①に甘酒とバナナを入れ
滑らかになるまでミキシングすれば出来上がり。

♪出来上がった甘酒セーキを凍らせても美味しく召し上がれます。


甘酒とジャガイモのポタージュ

【材料】
甘酒の素   1/2カップ
牛乳        1カップ
生クリーム   1/2カップ
固形スープの素 1個
ジャガイモ中     1個
たまねぎ 1/2
塩,コショウ
バター 10g
水 1カップ

【作り方】

①たまねぎは薄切りに、ジャガイモは2等分して5ミ
 リの厚さに切る。

②鍋にバターを入れ玉葱をしんなりするまで炒めジ
 ャガイモを加えさらに炒め水,固形スープを加え
 やわらかくなるまで煮込む。

③あら熱を取った②と甘酒の素、牛乳をミキサーに
 入れ滑らかになるまで攪拌する。

④③を鍋に戻し生クリームを加え温め塩,コショウ
 で味を整えてパセリのみじん切りを散らして完成。

甘酒を入れることによって砂糖には無いやわらかい
甘味が出ます。残った甘酒はお湯で割って甘酒として
飲むのもおいしいですが、温めた牛乳でわって甘酒セーキにしても美味しいですよ。

または,軽く塩をした魚の切り身を入れ一日漬け込めば甘酒漬けが出来ます。


とても長くなったのですが、読んでいただきありがとうございました。
ご質問のお答えになったでしょうか?

5代目見習い 尚基


テーマ:マクロビオティック - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2009/05/22(金) 20:04:20|
  2. 商品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<勝山文化往来館 ひしお イベント案内 | ホーム | 甘酒用のこうじ作り続いてます。>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/05/27(水) 19:09:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/177-120a2e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。