5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真庭ブランドに認定されました。


今回、真庭市は市の特産品を「真庭ブランド」として10品を認定し、
その中にうちの「紅こうじ米酢 紅酢」が選ばれました。

先週の山陽新聞全県版に掲載されていましたので
アップします。

shinnbunn.jpg
<クリックすれば大きくなります。>

この真庭ブランドは、岡山大大学院の中村良平教授を会長に、
怱々たる方々が審議会を作り選考されたそうです。

うちの紅酢が選ばれた理由として、

・真庭産のお米を使っていること、
・全国的に見て、紅酢は希少価値が高いこと 

などなどが理由だそうです。

うちの蔵では、
「健康を第一に考えて、自然に育った良い素材を手間暇かけて醸し出す事」
をコンセプトにこの紅酢を造りました。

当然、自然に育ったいい素材を使うわけですから
見てわかる範囲で考えると 地元 真庭産の米になります。

そして、元々岡山県では、漢方薬として古くから使われている「紅こうじ」の研究が
早くから行われており、4代目が勉強会などへ参加することが多く、
この「紅こうじ」を使いとの思いがありました。

そこで創業以来培われてきたお酢の技術を駆使して作ったのが始まりです。

それが、まさか「真庭ブランド」に認定されるなんて
うちの蔵人みんな(といってもおばちゃん達を入れても5人ですが)
とてもありがたく、身の引き締まる思いで一杯です。

そして、私を含めて蔵の皆がとても喜んで
伝統を守り、良いもん作り続けることの励みになりました。

5代目見習い 尚基

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/01/19(月) 18:55:45|
  2. 商品情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第十一回 勝山のお雛まつり | ホーム | 新高梨酢の原料が届きました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/144-4331ba9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。