5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大根収穫

昨年の12月、秋に植えた大根を社員みんなで収穫しました。
この大根は一切の農薬を使わない無農薬でつくり、
社員みんなで草取りをし、余分な大根を間引き
出来上がったものです。

私は出張中だったため、収穫には参加できなかったのですが

4代目が写真に収めていたのを忘れて、今日に至ります…


IMG_0036.jpg
<収穫したての大根>

今回の大根は秋から冬にかけていい天気が続いたことなどで
でっかい大根ばかりでした。

収穫量は前回よりも一割ほど多く、大収穫でした。

この大根を持ち帰り、葉の部分を落とし、洗い、漬け込むわけわけですが

IMG_0038.jpg


昔の人の知恵ですが、大根の葉を無駄にせずに上に載せて漬け込むと
ちょうど良い漬け加減なんだそうです。

IMG_0037.jpg

今でもうちの蔵では、軒下で大根の葉を干して使っています。

そして、大根はと言うと、

109_0986.jpg

しっかりと塩漬けされ

専用の味噌に漬け込み

来年販売用の味噌漬け大根へと変身していきます。

味噌漬け大根


味噌漬けだけでなく、創業より続く伝統の「ひしをみそ」や「ひしおもろみ」にも使います。
つまり、一年分をこうして毎年12月に収穫するわけです。

出来たての味噌漬けは、鼈甲色に輝いており薄く切って食べると
ご飯が美味くて 美味くて…。

子供の頃から商品にならない尻尾の部分をもらっては
ご飯のおかずにしていたのを思い出しました。

5代目見習い 尚基

テーマ:日本の食 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/01/07(水) 17:39:15|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新高梨酢の原料が届きました。 | ホーム | 新年のご挨拶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kohnojyouzou.blog81.fc2.com/tb.php/141-25969612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。