5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勝山文化往来館ひしおからのお知らせ その2 ~岡野屋プロジェクト~

勝山文化往来館ひしお から展示会の案内が続けて来ましたのでご案内です。

あの昔からある
古くてボロボロだった岡野屋旅館がどのように変わったのか
ちょうど国文祭り期間中だし、見に行きたいイベントがまた一つ増えました。

楽しみです。


岡野屋旅館プロジェクト

okanoya2.jpg



●10月30日〜11月8日
(岡山県美作県民局夢づくり協働事業)

10時〜16時30分 会期中無休

●旧「岡野屋旅館」建物(勝山町並み保存地区) 入場無料

●整備活動
ブログ 岡野屋プロジェクトで随時更新中

『岡野屋旅館』について
『岡野屋旅館』は明治時代の建築。勝山町並み保存地区と旭川川岸に接する美しい景観に建てられています。地元の人々から「岡野屋さん」と親しみを込めて呼ばれ日常の集いの場や遠方からの客人を迎える場、そして、結婚式やお祝い事の行われた思い出の場として、地域と呼吸を合わせて営まれていました。
しかし2003年、多くの記憶が刻み込まれた旅館は閉鎖。「岡野屋旅館」プロジェクトは今年1 月より地域有志の方々と共に「岡野屋旅館」再活用を目指して整備・清掃を続けてきました。
その最初の催しとして展覧会を開催します。出展は美作地域(岡山県北地域)在住の作家を中心に呼びかけました。地域在住の視点で「岡野屋旅館」を体感しここで得た感性から作り上げた世界が展示されます。

◆防鳥網ワークショップ
・企画 太田三郎
・日時 会期中全日 10:00〜16:30
・内容 防鳥網、切手を使用して作り出す作品空間、その一部を是非、皆様の手で制作してください。
・参加費用 無料
◆ウッド・カーヴィング体験工房
・講師 上田徹
・日時 会期中全日 作家在廊中の時間
・内容 主に美作地域の木材を使用し、ウッド・カーヴィングアクセサリー(指輪、ブレスレット等)を作ります。
・参加費用 実費(使用する木材によって異なります。)

太田三郎
第1室
【作品解説】農業用防鳥網と、切手を絡ませながら空間を構成します。鑑賞者も制作に参加し、作品は古い旅館の歴史と絡まりながら広がっていきます。
【作家紹介】植物の種子や戦争を題材にした私製切手など、郵便切手を素材として「時間」と「場所」の関係性やシステムとコミュニケーションをテーマに作品を発表。1994年から津山市在住。以後、美作地域において美術の振興に深く携わっている。
田渕智也
第3 室
【作品解説】旭川の水面がきれいに見える部屋で「沈潜」をテーマに金魚の絵画作品を中心に展示します。
【作家紹介】成安造形大学を卒業後、津山市を拠点に金魚をモチーフにした絵画を中心に制作。また美作地域の美術展企画においても積極的に参加し、活動・表現の幅を広げている。
高本敦基
第4室・通路
【作品解説】石鹸を素材とし、現在の「岡野屋旅館」の状態から着想を得た作品を制作します。
【作家紹介】フランス国立Nancy高等美術大学院修了後、各地で美術をめぐる様々な環境、企画に参画。
身近な素材を使用し、日常生活と美術のあり方をテーマに制作を続けている。
〜あっ晴れ!おかやま国民文化祭提案事業から〜
長谷川勢津子
第5室
【作品解説】手漉き和紙を使った立体作品を展示。『紙』という素材に一貫して向き合い、国内外で発表活動を展開しています。今回、同時開催する勝山文化往来館ひしおでの国文祭提案事業「日韓現代美術『紙』往来展」の作家として特別出品をお願いしました。作家の創り出す『紙』の世界観を、是非、ひしおと岡野屋旅館の2 箇所で味わってください。
上田 徹
第6室
【作品解説】県北・美作地域で、自身も森林業に携わった作家が「岡野屋旅館」に制作環境を作り、地域の木を素材にウッドカーヴィングでアクセサリー作りの実演・体験ワークショップを行います。
【作家紹介】2003年より鏡野町(奥津)で森林業に携わり、多種多様な性質の木材魅力に触れ、木を素材にした制作を始める。2004年より真庭市(勝山)に移住し、本格的にウッド・カーヴィングをはじめる。
加納容子
正面扉前
【作品解説】正面扉前の「のれん」を制作。作家が手がけた「のれん」の揺れる勝山町並み保存地区と「岡野屋旅館」を、現代の勝山に息づく風景でつなげます。
【作家紹介】女子美術大学で染織技術やデザインを学び、東京で機織り教室の講師等を経て勝山にU ターン。以後、勝山を拠点として染織の制作・研究を行うと同時に、勝山町並み保存地区の「のれん」を手がけ、染織の持つ美しさを地域の人々と共に追求している。
福井 泉
旧玄関
【作品解説】旭川、そして秋の季節をテーマに映像作品を展示。映像は「岡野屋旅館」で使用されていた障子に投影されます。
【作家紹介】作家をとりまく環境や地域への幸福感を持ったまなざしから、独自の空想世界を映像化している。コマ撮りや、実写とグラフィックを交差した映像等、自由な技法で制作し、近年では投影素材に日常の様々な素材を組み合わせた作品も発表している。
第6 回おかやま県民文化祭(2008)から〜
久山淑夫
岡野屋旅館内各所
【作品解説】岡野屋旅館内のどこかに木彫の生き物たちが潜んでいます。ひょっこり顔を出す彼らに、会場を巡りながら出会ってください。
【作家紹介】2008年、勝山での県民文化祭企画として勝山の町並みに大きな「カバ」や愛らしい「猫」等動物の彫刻を設置した展覧会を開催。その展示方法と作品は好評を得、地域の人々にとって記憶に残るものだった。

勝山
真庭市勝山113
【作品解説】旧「岡野屋旅館」は、高瀬舟往来の時代から人々が集まり、文化が往来する場所でした。この建物が地域によって成り立ち、伝えられ、現代に残ったという視点から、本展覧会では「岡野屋旅館」を勝山地域の作品としての鑑賞を提案します。是非、勝山町並み保存地区と合わせて、「岡野屋旅館」を鑑賞してください。(主催者、有志一同)

主催:特定非営利活動法人 勝山・ 町並み委員会  共催:岡山県美作県民局(夢づくり協同事業)
後援:真庭市/山陽新聞社/読売新聞大阪本社/NHK岡山放送局/(財)久世エスパス振興財団/真庭いきいきテレビ/ 3331 Arts Chiyoda /東京文化発信プロジェクト室/御前酒蔵元 辻本店
スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/10/30(土) 19:03:42|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝山文化往来館ひしおからのお知らせです。 ~日韓現代美術「紙」往来展~

久世祭りも終わり、一日中お御輿を担いでいたので
肩の痛みがなかなか治らず、でも心地よい疲労感に浸っている今日この頃ですが

勝山文化往来館ひしお から展示会の案内が来ましたのでご案内です。

今日から始まった展覧会 経歴だけを見るとすごいアーティストばかりで
必見の価値ありです。


日韓現代美術「紙」往来展

web-kami.jpg


●10月30日〜11月7日
10時〜16時30分 入場料:300円

秋の企画展(あっ晴れ!おかやま国文祭提案事業)

*展覧会初日(10月30日)14時:オープニング。フルート奏者:三尾奈緒子氏の演奏あり

●樫西和紙制作体験ワークショップ 11月6日(土)・7日(日) 参加費735円

●企画テーマ
真庭市は、昔からミツマタ栽培やそれを材料とした和紙の生産の伝統が残っている。ミツマタから作る和紙は、破れにくく変色せず、虫がつかないという特徴がある。当地域では1400年ほど前から、住民戸籍などを作成するために紙がつくられたといわれており、その伝統は樫西和紙として守り続けられている。
この真庭地域に残る伝統文化である「紙」をテーマとして、「紙」を使用した創作活動を展開している作家を県内のみならず韓国からも招き、「勝山文化往来館ひしお」を舞台として展覧会を開催する。

(1) 展覧会について
今年は岡山県を上げての国民文化祭が10月30日からの1週間、県内全域で開催されます。全国からの来訪者が予想されるこの期間、良質な和紙と評価の高い樫西和紙に代表される真庭市の紙文化に因み、日本、大韓民国で『紙』を素材に制作する美術作家4名(韓国/金聖淵氏、金正周氏、日本/長谷川勢津子氏、小田宏子氏)をお招きした展覧会を開催します。 
普段私たちが身近に使用している『紙』という素材が持つ豊かな表情を両国の作家が独自の視点で引き出します。展示空間いっぱいに往来する、二つの国の感性をどうぞ、ご体感ください。

招待予定作家
①長谷川勢津子(岡山市)
②小田宏子(倉敷市)
③金聖淵(韓国・釜山)
④金正周(韓国・釜山)

オープニングトーク
参加作家の作品説明のあと、作品展示空間でフルート奏者三尾奈緒子氏の演奏があります。フルートの音色と現代アートもまた、文化間の交流となるでしょう。

三尾奈緒子
岡山市在住。8歳よりフルートを始める。高校卒業後渡仏。2006年、パリ国立地方音楽院を首席で卒業。2007年ロッテルダム音楽院修了。2009年より拠点を日本に移し、岡山県内を中心に全国でコンサート活動を行うと同時に現代曲の演奏も精力的に取り組んでいる。

ワークショップ
小川秀雄 樫西和紙工房(真庭市樫西)代表
昭和61年12月、真庭市樫西に手漉き和紙加工場を設立、樫西和紙組合を作り、昭和62年4月より樫西和紙工房の操業を始める。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/10/30(土) 18:55:05|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も久世祭りが始まります。

勝山まつりも終わり、
勝山の町中が心地よい疲労感に包まれ賑やかな二日間を思い返しているのですが

まだまだ祭りは終わていません!

久世祭りが始まります。

日時は変わらず、2010年10月24日~26日まで

オイサ オイサ の掛け声とともに だんじりが町中を練り歩き、笹とお神酒の香りに

町中が包まれます。

詳しくは

久世祭り2010のパンフレットを掲載しておきますので、ご覧ください。

だんじり喧嘩や五社の御祭礼日程などが詳しく載っているので、

印刷してお使い下さい。

20101016185508295_0001.jpg
<表紙と解説です>

20101016185508295_0002.jpg
<歴史と解説2です>


20101016185831684_00011.jpg
<御神輿とだんじりの説明です>

20101016185831684_0002.jpg
<久世祭りマップと日程、だんじりの各部解説です>


私も25日は久世神社の氏子として御神輿を担がさせてもらいます。

5代目見習い 尚基

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/22(金) 20:55:09|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノンアレルギーマフィンの作り方

普段から色々と料理をしているのですが、
今回は試しに作って美味しかったので、レシピ化してみました。

昔作ったものなので、写真が無いのですが
ノンアレルギー、無添加の甘酒マフィンです。

甘酒マフィン
Amazake Muffin

材料 マフィン型5個分

国産米粉 150g (Bの場合100g)
タンサン 小さじ1
無添加国産甘酒の素 1袋
サラダ油       大さじ1
Aの場合 水  50cc
Bの場合 にんじん 80g


始める前の準備

・オーブンは170℃に予熱する。

作り方
材料Aを使う場合

(1)全ての材料をフードプロセッサーで混ぜる。
(2)(1)を型に分け入れオーブンで20~25分焼く。

材料Bを使う場合

(1)にんじんをフードプロセッサーで細かくする。
(2)(1)に残りの材料を入れ混ぜる。
(3)を型に分け入れオーブンで20~25分焼く。

Bにんじんを使う場合は米粉100g
にんじんなどを使わない場合は 水50ccを入れてください。

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/10/21(木) 19:42:17|
  2. 料理&レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝山 喧嘩だんじり がいよいよ始まります。

今年も勝山まつり「勝山喧嘩だんじり」が始まります。

来週の18日の宵祭りを皮切りに19、20日の2日間、
オイサ オイサの掛け声と共に勝山の町が笹とお神酒の香りに包まれます。

勝山の喧嘩だんじりのパンフレットです。

画像をクリックして拡大してご覧ください。

20091005185714874_0001.jpg

20091005185714874_0005.jpg

20091005185714874_0003.jpg

2009勝山祭り

20101016185110554_0001.jpg<今年の喧嘩の順番です>

2トンを超える「だんじり」同士が激しくぶつかり合います。
だんじり同士がぶつかった衝撃は地面を伝って心臓へ伝わるくらいの激しさ

昼間の華やかな「だんじり」から夜の勇ましい「だんじり」へ

一年で一番熱く長い2日間がもうすぐ始まります。

今年は平日ですが、勝山の熱気に包まれに来てみませんか?

5代目見習い 尚基

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/10/16(土) 23:57:45|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。