5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本年もありがとうございました。

本年も残すところあと数時間となりました。

今年は思い返せば、多くを学ぶ事のできた一年でした。

4代目からお酢の仕込みを任され、初めて一人で仕込みをし、
お酢ができるまで一人で管理をし、やっとできたお酢を熟成タンクへ移し、

その工程それぞれが4代目と一緒にしていたのですが
初めて一人でするとなると、なかなか緊張をすることがしばしばあり

お酢が出来たときは、今まで以上に嬉しく、ほっとする気持ちでいっぱいになったのを
今でも覚えています。

また、多くのお得意先様のおかげで、新たな販売店様にお力をお借りする事ができ

より多くのお客様にうちの商品をご提供できるようにもなりました。


初めて本を監修したし、多くの方々と知り合う事のできた一年でもありました。


多くのお客様、お取引先様、販売店様 
本年も当社のような小さな蔵にお力添えを賜り、心より感謝とお礼を申し上げます。
2010年も伝統を守り、本物を造り続けてまいりますので
今後ともよろしくお願いいたします。

お世話になった皆様 本年もお世話になりありがとうござしました。
2010年 もよろしくお願いいたします。


5代目見習い 尚基
スポンサーサイト

テーマ:調味料 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/12/31(木) 19:14:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さしすせそ 日本伝統調味料の本が完成です。

先日、日本調味料マイスター協会より調味料ノート完成の連絡が来ました。




この本は、日本調味料マイスター協会が造ったものなのですが
日本伝統調味料つまり 「さしすせそ」を詳しく説明する内容になっています。
また、基本の5つの調味料以外にも世界の調味料までさまざまなものを紹介しています。

実は、私も「調味料マイスター」としてこの本の制作をお手伝いさせていただきました。

本の187Pに私の名前も載ってますのでチェックしてくださいね。

いろんな料理レシピや、目からウロコの内容で読んで楽しい本になっています。ぜひご覧ください。

中経出版社
「マイスターが教える 料理が最高においしくなる <秘> 調味料ノート」
 価格 560円
出版社HPではちょっとだけお試しいただけけます。
お試しはこちら

テーマ:調味料 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/12/10(木) 19:09:11|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大根掘りの季節到来です。

♪青山ほとり常盤松 そびゆるタンクは我が母校 何時も元気は山を抜く 農大健児の意気を見よ~ ♪

我が母校 東京農業大学の「大根踊り」こと「青山ほとり」

このくらい世の中でも、この歌と踊りは気分を晴れやかにしてくれそうです。

さて、 

今年も冬大根掘りの季節がやってきました。

うちの畑で 夏に植えた大根を 先日掘ってきました。
と言っても、蔵人は全員行ったのですが私は配達に行っていて、帰ってきたら終わってました…



今年は天候にも恵まれ型の良い大根が採れたのですが、無農薬で造っているため
曲がったものやひょろひょろっとした物、葉は虫に食われたり、さまざまなものでした。
(売るわけではないので、形や大きさなんて関係ないわけですが)

収穫した大根は
[大根掘りの季節到来です。]の続きを読む

テーマ:調味料 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/12/08(火) 19:27:30|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も「頑張ろう会」!?


今年もあと1ヶ月を切り、バタバタと気忙しくなってきました。

うちの蔵でも、バタバタと

先日、忙しくなる前に今年もおかげさまで「頑張ろう会」をすることができました。




この季節は「忘年会」がほとんどでしょうが

うちの蔵では12月からが繁忙期になるため、「頑張ろう会」を開きます。

今回は「宮文さん」をお借りしての開催。

ありがたい事に、うちの蔵の「マルタのお酢」を使った料理を出していただき

しかも、大好きな生ガキまで

IMG_1114.jpg

写真を撮るのを忘れてしまうくらい賑やかな会と、おいしい料理で

エネルギー満タンになった一夜でした。

宮文さんは伝統的な雰囲気の町屋のような佇まいで、

いろんなシーンで使えるお店です。

宮文さん おいしい料理と楽しい時間をありがとうございました。

5代目見習い 尚基

お店情報

宮文
住所: 〒717-0013 岡山県真庭市勝山101
TEL: 0867-44-2203 FAX: 0867-44-2595

日本料理、和風料理のお店です。

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

  1. 2009/12/04(金) 20:21:39|
  2. 日々つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。