5代目見習いの蔵出し日記

創業1888年 岡山県北真庭市の小さな蔵 『河野酢味噌製造工場』で酢 味噌 醤油を造る 5代目見習い 尚基の 【奮闘記】と【料理&レシピ】、【地元真庭の魅力】を力いっぱいお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お祭りが終わり…

久世祭りが終わりました。

今年は25日(土)、26日(日)と週末に行われたため
おかげさまで、多くのお客様で賑わいました。

私も25日のお御輿担ぎには参加させていただき
朝の8時から夜の10時までしっかりと担ぎました。
その結果、体中の筋肉痛と肩の痛みに翌日襲われ
今もその痛みと共に苦しんでいます。

また、26日の昼間は雨が降っていたのですが
夜の「だんじり喧嘩」の時は止んでおり、これもまた
多くの歓声の中、にぎやかなだんじり喧嘩が出来たようです。

今年も祭りが終わり、久世の街では
暫らくの間、静けさと心地よい疲労感が町を染め、
山々赤や黄色に色づき始めます。

5代目見習い 尚基





スポンサーサイト

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/10/27(月) 18:48:16|
  2. 日々つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

勝山祭り→久世祭り

今月の18日の夜から20日までの3日間にわたって行われた「勝山祭り」
も無事に終わり、勝山の人たちは暫らくの間、心地よい疲労感を感じているようです。

って言うわけには行きません。

次は24日夜~26日まで久世祭りが開催されます。

場所は、久世地区のほぼ全域

20071015175422.jpg


見ごたえなのは
25日に行われる五社のお御輿と10台の「だんじり」が久世の商店街を練り歩く「御祭礼」
5つのお御輿が列をなして練り歩き、次いでだんじりが続きます。
だんじりに乗っている人たちは「おいさ おいさ」の掛け声とともに笹を持ち
「笹喧嘩」をしながら祭りを盛り上げます。

また、夜にはだんじり同士がぶつかり合う「だんじり喧嘩」。

「おいさ! おいさ!」の掛け声とともに「だんじり」がぶつかり合う様は
一見の価値ありです!!

今年は25日、26日の2日間が日曜日のため例年以上のお客様がいらっしゃるようです。
また、天気予報も晴れマークが出ているため、とても良いお祭りになりそうです。

私も久世地区の総鎮守「久世神社」の担ぎ手として
久世祭りに参加します。

久世祭りにぜひ、お越しください。

久世祭りURL  http://www.kuse-danjiri.com/index.html
 

5代目見習い 尚基

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/10/22(水) 19:56:24|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発酵終了!!


以前より言っていました11号タンクの発酵が終了しました。
写真(下)を見る限りではわからないと思いますが、

うちの蔵では
香りや酸度を見て、
これ以上発酵させると嫌な香りが出てしまい(ムレ香)、商品にした際に
そのまま嫌な香りが残ってしまうので、その前に発酵を止めます。

残念ながら多くの酢メーカーでは、効率を優先させるため
機械で人工的に空気を送り込み、2~7日で発酵を終えます(全面発酵)。
そして、高い酸度のお酢を造って、水で薄めて販売しているメーカーもあります。
そして、残念なことに自社で「酢もともろみ」から静置発酵を行って
お酢を造っている蔵は少なくなってきています。



話が脱線してしまいましたが、
このお酢の発酵を止めて出来たのがこちら↓
111_1160.jpg 
(見えにくいですが表面を覆っていた酢酸菌膜がなくなっています)

この出来たばかりのお酢を最低6ヶ月かけてタンクからタンクに移動させながら
空気に触れさせ熟成させていきます。
そうさせることで、まろやかで癖のない味わいになります。

※2枚目の写真ですが、麻袋を使っているのは
本当は藁で編んだ「むしろ」が保温性や湿度調節(夏場は薄く、冬場は厚めに)、
通気性などで
最も最適な物なのですが、「むしろ」を編む農家さんがおられなくなり、
新しい「むしろ」を作ってもらえなくなったため、代用として「ゴアテックス」などいろいろと試したのですが
この「麻布」が「むしろ」に次いで状態が良かったため、麻布を使用しています。

製品になるまではまだまだ時間がかかり気が抜けませんが、
一番重要な発酵がいい状態で終了したのでホッとしました。

お客様のお手元へ届くにはもうしばらく時間を頂きたいと思います。

5代目見習い 尚基

テーマ:日本の食 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/10/15(水) 19:48:05|
  2. 奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掲載していただきました

掲載していただきました。

今回掲載していただいたのは

「ニッポンのごちそう おいしい調味料ご案内帖」
(東京地図出版様)

IMG_0001.jpg

この本には
全国のこだわり調味料が約190点紹介されています。

有名なメーカーさんや、うちのように小さなメーカーまで
とてもわかりやすく掲載されている本です。
全国書店にてお求め頂けます。

oishiichoumiryou.jpg


この中にうちのような小さな蔵の「お酢」を取り上げていただけるなんて感激です。

どんなにしんどい仕事でも、自分で造ったものが本に掲載され、
多くの方々に読まれることはとてもうれしいことです。

これからも、伝統の天然醸造を行い 本物を作り続けんといけん!!
と改めて感じました。


追伸
もうすぐ新味噌が出来上がります。
もうしばらくお待ちください。

5代目見習い 尚基



テーマ:日本の食 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/10/07(火) 19:23:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の真庭は美味しさ一杯

今日、営業で回っている途中に、山道を走っていたのですが

道に栗が落ちているのを発見!!
(と言うよりも、探しなががら走っていたのですが…)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが”芝栗”です。
ポイントをチェックして営業からの帰りに栗拾い♪

111_1156.jpg
芝栗はヤマグリとも言われる山野に自生した栗です。
栽培種に比べると味が濃厚で、実は2.0cm程度の小さな実です。

この栗は栽培種よりも味が濃厚で、渋皮を剥いて生のまま食べても美味しく
当真庭のお年寄り達は「おこわ」に入れたり、焼いたりして食べます。

111_1157.jpg
(これだけ取れました♪)

営業帰りの30分程度で両手にあふれるくらい取れ、
帰りに幾つか皮を剥いて食べながら秋の味覚を満喫しました。

そして、営業でもお客様からご注文を多く頂き、今日は豊作気分です♪

この日曜日に再度収穫に行ってきます♪

5代目見習い 尚基

テーマ:秋の味覚 - ジャンル:グルメ

  1. 2008/10/03(金) 19:46:34|
  2. 美味いもん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の真庭はお祭り騒ぎ

10月は商談で福岡に行ったり、プライベートで金沢に行ったり、と
ばたばたしていましたが、やっと落ち着いて蔵仕事が出来るようになりました。

九州出張の際は、おかげさまで、九州地区でカタログ販売を行っている
「オレンジライフ」様に今月掲載していただくことができました。

さて、地元真庭の近況です10月の真庭は5日の新庄祭りをかわきりに各地区でお祭りが始まります。

真庭のお祭りで一番賑やかなのが 勝山祭りと久世祭り
2t以上もあるだんじり同士がぶつかり合い勝負をします。

c0110786_10231325.jpg 0000000205_0000004539.jpg


久世祭りも同様にだんじり同士がぶつかり合いますが、
(写真を紛失(データ消失)してしまいました…久世の皆さんスイマセン)
それに加えて、昼間の五社祭礼は五基の御輿が一堂に会して商店街を練り歩く
とても賑やかな祭りです。

勝山祭りは10月18日、19日
久世祭りは10月25日、26日(お御輿が出るのは25日の昼間だけです)

私も今年は五社祭礼で久世神社の氏子として始めてお御輿を担がせてもらえます。
仕事で30kgのお米を担いで3階まで行くことは簡単なのですが
お御輿はとてもハードだと聞いているので、体が持つか心配です。

今年の久世祭りは土曜日、日曜日なので、遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

5代目見習い 尚基

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/10/02(木) 19:20:31|
  2. 地域情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。